« 最高に良い「シェイプアップ&生きた情報をゲット」できるような歩き方! | トップページ | 心穏やかになれる「天使の歌声」! »

2018年10月19日 (金)

目はあなたのエネルギーの入口!

 今日は、エネルギーの事と、写真の事。そして霊的な番外編みたいなものを書いてみます。

 ←あなたの「開運」を心よりお祈り致します。

 過去記事の「願いが1番に叶うコツ!」でも、写真の大切さを書きました。

 もうひとつの過去記事では、過去にあなたが成功した写真や、幸せだった写真を見ることで、過去の「幸せだったエネルギー」と繋がれることを書きました。

本当に写真というものは、その写った波動(周波数)そのものですし、エネルギーが充満しております。

 よく海外旅行のあとで沢山の写真を見せてくれる知人がいるのですが、よく見てみるとオーブだらけです。

オーブは、湿気やホコリとも言われておりますが、中には顔があるものもあり、天使的な波動のものと、あまりよくない波動のものがあります。

実はオーブの写真を見ると、大変疲れてしまうことがあります。

海外の大きなお城の写真、処刑場跡などの写真を見ると、本当に疲れてしまうことがあります。

パールハーバーもしんどいですし、日本の古戦場跡地や沢山の方が亡くなった天守閣などの写真も疲れてしまいます。

何故なら写真は、良いものも悪いものも、波動エネルギーを転写しているからです。

それは現像した写真、プリントアウトした写真、デジカメやPC、スマホに保存されている写真も全部同じです。

最近は写真アルバムを見せる方が少なくなってきまして、スマホに保存されている大量の写真を見せてくれますが、やっぱリデジタル画像でも同じように疲れてしまいます。

 良い写真でも500~600枚以上見ると敏感な方は、目が焼けるようにチカチカする時があり、脳も疲れてしまいます。

何故なら、目はエネルギーの入口だからです。

んな感覚で、昔、人を切った刃物、そして鎧(よろい)、ミイラなどの写真も見るだけで、「霊的なエネルギー」と繋がってしまいます。

それは写真を見ることで、時間枠や3次元を超えた、霊的存在と繋がってしまうからです。

だから良くない写真は、あまり見ないほうがいいでしょう。

もし写真を見て体が重くなったり、疲れたのなら、お塩たっぷりの酒風呂に入ってください。そしてお線香10本以上を焚いてくださいね。

 写真の処分方法は、写真をビリビリに破いたり、はさみで細かく切ったりして、お塩と共に真っ白な封筒に入れゴミ袋に入れて、ゴミ収集日に廃棄してください。

P1000869_1

 なによりも、恐い写真は、なるべく見ないで、「自分や他人が成功している姿」や「波動の高い花の写真」などがお勧めです。

又、「宇宙の写真」や「太陽の写真」もしくは、「富士山の写真」や「虹の写真」を見ると、あなたの波動がアップしたり、ハートが癒されますよ。

 ←あなたの「開運」を心よりお祈り致します。

It's up to you 、 すべては自分次第! 

  ホームページへ 

ホウホウの独り事: シャーマンは写真を撮られることが嫌いだったみたいです。何故なら写真が1枚あれば、相手の情報が全てわかってしまうからです。

 「過去のあなたと繋がってみる(写真編)!」・・

 「人のエネルギーは回り続ける!」

 「あなたの写真を浄化・クレンジングしてみる!」・・

目からはパワーが出ております。目線は目力そのものです。

 「目力のパワー!」・・

 「神様のパワー!」酒風呂の秘密・・

 「霊的な存在が頼ってきた時の対処法!」・・

 ←あなたの「開運」を心よりお祈り致します。

あなたの開運・癒し・パワーアップに!

 ★1億アクセス記念・特選ブログ集★

 ★パワースポット&巡礼の旅★

初めてこのブログに来られた方は、まずはこちらを先にご覧ください。

 ★あなたを癒す心のビタミンブログ★

 ★あなたの心に光を灯す開運宝箱★  

お知らせ: 大変申し訳ございませんが、このブログでは個人的な御質問にはお答えしておりません。どうぞご了承くださいね。

書籍に関するお知らせ: 「幸運が向こうからやってくる簡単な習慣」(主婦の友社)や「ホウホウ先生の幸せ恋愛開運ブック」(グラフ社)、「幸せを呼ぶスペース・クリアリング」(総合法令出版)、「ホウホウ先生の運がよくなる浄化の法則」(河出書房新社)のご購入は、アマゾンさん楽天ブックスさんでお買い求めになれます。

鑑定受付に関するお知らせ: 只今、すべての鑑定・ヒーリング等に関しましては、受付しておりません。どうぞよろしくお願い致します。

« 最高に良い「シェイプアップ&生きた情報をゲット」できるような歩き方! | トップページ | 心穏やかになれる「天使の歌声」! »